脳の特性を理解して効率的に物事を覚える方法

あなたは、記憶力が良いですか?

記憶力が良いと有利なことがたくさんあります。

 

勉強をするにしても、仕事をするにしても、過去の記憶に基づいて行動するので、

もちろん無いよりよりはあった方がいいです。

 

 

では、具体的に記憶力を高めるためには、どんなことをすれば良いのでしょう。

それは、覚えたいと思うものに、興味を持ちながら取り組むことです。

 

今までの経験から分かると思いますが、

興味の無いものを覚えようとするのは、非常に辛いものです。

絶対に途中で挫折してしまいます。

 

ですので、まず覚えるものの大前提として、

それにある程度の興味を持っていることが重要です。

 

 

次に、よく暗記を必要とする勉強で、

スト範囲を全て読んで理解したはずなのに、

実際に問題を解いてみると、以外に忘れている経験をしたことがあるかもしれません。

それは、脳の仕組みによって記憶する容量が制限されているためです。

 

脳は、コンピュータのように複雑な処理を同時にしてくれる器官ですが、

脳にも処理できる限界があります。

そのために、全部読んで覚えようとしても、

脳は本当に重要だと思ったものしか、記憶しないように制限をかけています。

 

この脳の仕組みは重要で、

もし脳が制限をかけずに、全てのことを記憶に残そうとすれば、

私たちの全エネルギーでも脳には足りなく

脳がオーバーヒートを起こします。

 

よって、脳は実際に覚えていないものでも、

脳を容量オーバーにしないために覚えたように錯覚させ認識します。

ですので、この脳の仕組みを知った上で、

効率よく暗記をしていけるように覚えたいものを選択して絞って、

暗記していく方が効率が良いです。

 

 

脳の特性を生かして物事を覚えたいならば、

ただ黙読で読むのではなく、

声を出してノートに書きながら覚えるのが効果的です。

その理由は、複数の神経を使うことで脳が活性化して、

普通に勉強するよりも記憶されやすいからです。

 

 

おそらく、ただ教科書を読んで勉強しているだけでは眠くなるでしょう。

それは、単純作業で考えることをあまりしないため、

脳が活発に活動しないためです。

声を出して、考えながらノートを書くことで脳が活発に活動します。

 

 

また、効率的に覚えたいならば、

自分で厳しく締め切りを設けて、

これが守れなっかたら、何らかのペナルティを与えるというやり方もいいでしょう。

 

この方法は、あなたも経験があると思いますが、締め切り効果と言い、

脳がクリエイティブに働き、

通常よりも格段に早く作業を終えることができます。

 

あなたも、自分に合った効率的な記憶方法を見つけて、

最短で物事を記憶していってください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を読んで、役に立ってくれる人がいたら幸いです。

あと、ぜひメルマガ読んでください。無料なので。

 

メルマガでは、

僕が、2ヶ月で月収30万円を達成した方法

ビジネス初心者でも2ヶ月で30万円を達成できるノウハウを教えています。

 

また、メルマガの貴重な情報だけでなく、

あなたが金銭的、時間的自由を手に入れるための限定動画をプレゼントしています!

 

期間限定メルマガはこちらから

 

ブログやYoutubeでは、絶対に語られない貴重な内容しか教えていません。

期間限定無料企画なので、ぜひ登録してみてください!