睡眠の偉大な効果と最適な睡眠時間とは?

こんにちは、まっきんです。

 

今回は、【睡眠の偉大な効果と最適な睡眠時間】を説明していきます。

 

 

 

睡眠の偉大な効果の恩恵を受ける

 

睡眠はうまく使えば、自分に大きな利益を与えます。

これは、私が本当に断言できることです。

 

それは、なぜなのかというと、睡眠時間の長さによって、次の日のパフォーマンスに大きく差が出るからです。

そもそも睡眠は、記憶を整理して、身体の細胞を修復する機能があります。

 

要するに、適切な睡眠をとっていなければ、頭と体は共に最高の働きを発揮することはできないのです。

私は、適切な睡眠をとっていなかった時期は、調子が良い時よりも確実にパフォーマンスが落ちて、やる気があまり出ませんでした。

 

睡眠を十分に取らないことは、次の日を半分以上無駄に過ごすことになるのです。

それは、そうですよね。

十分な睡眠を取れば、早く生産的に仕事や勉強ができるのに、睡眠不足のせいで確実に生産性が下がってしまうのです。

 

私が、適切な睡眠を取るようになってからは、毎日調子が良くなり、風邪を引かなくなりました。

それによって、今は毎日生産性を上げて、何をするにもやる気が出るようになりました。

 

実際、睡眠不足の習慣で風邪を引いてしまうと、自分にとってデメリットしかないのです。

というか、メリットなんて一つもありません。

それは、風邪を引くことによって、本当は効率よくできる仕事や勉強を数日分無駄にすることになるからです。

 

私から考えれば、それは本当に恐ろしいことであってはならないことです。

風邪のせいで、一日でも惜しいのに、それを数日だなんて時間を捨てているのと同様なのです。

 

それは、社会や世界を考えてみればわかることですが、世の中は24時間絶えずものすごいスピードで動いているのです。

それでなくても、現代はIT産業の発達によって、さらに成長のスピードは上がっています。

 

世の中や人間は、どんどん成長して進んでいるのに、自分は立ち止まることになるのです。

それは、決してあってはなりません。

 

ですので、睡眠のことを勉強して、毎日を無駄に過ごさないための知識をインプットして、それを実践していく意味が大いにあるのです。

 

 

十分ではなく、最適な睡眠を取るためには?

 

ではここからは、これからの毎日を無駄に過ごさないための方法を説明していきます。

 

いきなり最も重要なことを断言します。

睡眠は、必ず6時間以上は取ってください。

 

睡眠時間が6時間未満は絶対にありえません。

それは、脳の働きからわかっていることですが、脳にはレム睡眠とノンレム睡眠があります。

この2つのサイクルを計算してた時に、最適なのは6時間です。

 

6時間の睡眠を取ることによって、頭の整理と体の修復を十分に行わせることができます。

 

 

時間の次に重要なのは、睡眠の環境です。

睡眠の環境は、睡眠時間と同じくらいに重要です。

 

それは、いくら適切な睡眠時間で睡眠を取ったとしても、睡眠の環境を整えていなければ、完全な回復はできないからです。

私の周りにもよくいるんですが、十分な睡眠を取ったのに身体が疲れているという人がいます。

 

このような人は、自分の睡眠の環境を見直してみることで、睡眠の質が必ず上がります。

これは、間違いありません。

 

例えば、現代人はスマホを枕元や自分の近くにおいて寝る人がいますが、これは大きな不利益を被っています。

スマホは、自分の近くにおいて寝てはいけません。

というよりも、スマホの電波を発したまま眠ってはいけません。

 

それは、なぜかというと、身体に電磁波を与えてしまうからです。

携帯は、ずっと電波を発しています。

それが、睡眠中の脳に影響を与えることで、睡眠を妨げてしまうからです。

 

ですので、スマホは毎日使うものですし、自分の近くにおいて寝るなとは言いませんが、寝るときは必ず機内モードに設定してから寝るようにしましょう。

機内モードにすると電波を発しなくなるので、大丈夫です。

 

 

環境を整えて最高の睡眠を取るためには?

 

では、次に最高の睡眠を取るための方法を説明します。

 

最高の睡眠を取るために必要なことは、熱いくらいに温かくして寝ることです。

よく、薄い格好で寝る人がいますが、それは睡眠を妨げてしまいます。

 

それは、睡眠中は身体の体温が通常よりも低くなるからです。

体が寒いと血行が悪くなって、質の良い睡眠を取ることは難しくなります。

 

ですので、寝るときは自分が思うよりも温かい格好で寝るようにしましょう。

靴下は必須です。それは、身体が冷えてくるときは先から冷えてくるからです。

身体を冷やさないで、温かい状態にして寝ることで、より深い睡眠ができるようになります。

 

身体を冷やさないような工夫をして寝ることで、睡眠時間だけを適切にして眠るよりも、次の日のパフォーマンスややる気がみなぎることは、間違いありません。

 

私は、説明したこのような睡眠を取るようになってから、風邪を引きづらくなり、毎日元気でやる気が出るようになりました。

 

この方法は、今日からでもすぐにできることなので、やってみることで次の日の体調が確実に良くなることがわかると思います。

 

最後に

いかがでしたか?

この記事を読んで、役に立ってくれる人がいたら幸いです。

 

あと、ぜひメルマガ読んでください。無料なので。

 

期間限定メルマガはこちらから

 

ブログやYoutubeでは、絶対に語られない貴重な内容しか教えていません。