勉強や仕事を最短で効率的に終わらせるための効果的な時間の使い方

こんにちは、まっきんです。

 

皆さんは、1日の24時間をどのように使っていますか?時間の使い方を工夫することで、普通にその作業をするよりも時間をかけずに早く終わらせることができます。では、どのように時間を使えば効果的に成果を上げていくことができるのでしょう?

 

 

作業や勉強を生産的に取り組める時間帯

 

それは、朝から勉強や仕事に取り組むことです。朝のゴールデンタイムという言葉を聞いたことはありませんか?ゴールデンタイムとはその名の通り他とは違う特別な時間ということです。朝のゴールデンタイムとは、朝起きてから3時間程度の時間のことで、一日の時間で生産性が最も高くて一番重要な時間です。

なぜ、重要な時間なのかというと、自分を変える新しい挑戦や難しい作業をするのに最も効果的な時間だからです。この時間に難しい勉強や創造性を必要とする仕事をすることによって、普通にこなすよりも圧倒的にその作業を早く、最短で終わらせることができます。

 

では、具体的になぜ朝起きてから3時間以内が最も生産性が高いかというと、それは脳の特性にあります。脳は、一日の出来事をいったん短期記憶で覚えます。その日に覚えた記憶は、睡眠時に脳が重要な記憶かそうではない必要ではない記憶かを判断して整理します。

記憶を整理するということは、脳の中の情報がすっきりしているということです。よって、起きてから時間が経過するほどに、脳にはまだ整理されていない新しい情報がたくさん入ってくるということです。

 

 

朝のゴールデンタイムを有効に使う

 

そのため、生産性を上げて最も集中するためには、まだ1日の新しい情報が何も入っていない朝の3時間に創造力が必要な難しいことをするほうが、完成度が上がり時間も節約することができるので効果的だといえます。

朝に難しいことややらなければいけないことを最短で終わらせることができれば、それだけ自分の趣味ややりたいことができる時間を生むことができるので、普通の一日よりも一日の充実感を感じることができます。

 

この朝のゴールデンタイムをうまく使える人が、着実に自分の目標や夢に向かって進んで行くことができるし、他の人よりも夢を実現しやすいです。それは、人間が新しい挑戦や困難なことに挑戦するには、意志力が必要だからです。この意志力を毎日効果的に使うことができれば、無駄に時間を浪費することが少なくなるので、自分が最も大事な目標を達成するために多くの時間を当てることができるからです。

 

 

限りある意志力を有効に使うように工夫する

 

この意志力は、脳の集中力や生産性と同じで朝起きてから時間が経過するほど、1日の意志力がなくなってきます。この意志力がなくなっていくことによって、皆さんも経験があるかもしれませんが、「午前中はあんなに集中できたのに、なんで午後になったらやる気が出なくなるんだ」ということが起るわけです。

 

ですので、今日は絶対にやりたいことがあったり、やらなければいけないことがあるならば意志力をまだほとんど使っていない午前中にやることで、途中で誘惑に負けずに集中して最後まで取り組むことができます。

よって、皆さんも朝のゴールデンタイムを有効に活用して、自分の夢や目標に向けて効率的に進んで行ってください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この記事を読んで刺激を受けてくれる人がいたら、幸いです。
ぜひコメントをお待ちしています。

あ、あとメルマガぜひ読んでください。無料なので。

メルマガでは、

ブログでは公開していない人生を変えるためのノウハウ、

自分でお金を稼ぐためのノウハウを公開しています。

 

マッキンのメルマガはこちらから

 

メルマガを読んで、

自分の人生を豊かにして、

変わっていきましょう。